ロジクールのトラックボールM575Sの1週間レビュー・感想!

商品レビュー

トラックボール(M575)について

あの「ひろゆき」さんもオススメしているロジクールのM575トラックボール。
肩への負担が減って、肩こりがしずらくなるとのことです。

1週間つづけて使った感じでは、マウスよりかは軽減されている気がします。

Amazonの公式ページのビデオにもひろゆきさんが解説されています。
FPSゲームで遊ぶ人以外はおすすめで、Bluetooth接続できるので、USBが埋まらなくてよいとのことです。

カラーバリエーション

カラバリは3つです!

オフホワイト グラファイト ブラック

商品情報について

トラックボールM575Sの商品情報についてまとめました。

項目 内容
価格 6,360円(ブラック)
対応機種 ‎iPad, windows, mac
カラー オフホワイト/グラファイト/ブラック
メーカー Logicool(ロジクール)
電池 付属している(単3電池使用)
接続方式 Bluetooth, USB
重量 145グラム

オフホワイトとグラファイトは保証が2年とのこと。
ブラックだけ何故か保証が1年なので気を付けてください。

トラックボール(M575)のレビュー・感想

Amazonセールのときに購入してみました。
届いて開いてみると、パッケージはこんな感じです。小さめの箱に入っていました!

トラックボール(M575)のパッケージ

背面はこんな感じです。

トラックボール(M575)のパッケージ背面

「簡単な親指の操作により、手と腕を常にリラックスした状態に保ちます。」と書いています。
開くと、こんな感じでM575が入っていました。

トラックボール(M575)の本体

裏側を確認すると、スイッチとボタンがついていて、下の方に電池をいれる箇所がありました。

トラックボール(M575)の本体の裏面

Bluetooth接続する

まず、トラックボール(M575)の電源を入れておきます。
Windowsで接続するには、下記のように「設定」を開いて、 「Bluetoothとデバイス」を選択します。

Windowsの設定画面

そうすると、「デバイスの追加」ボタンがあるので、これで追加すると良いです。
ボタンを押すと、下記のように選択するポップアップが出ます。

Windowsデバイス追加・Bluetooth接続

Bluetoothを選択して、「ERGO M575」を選択すると良いです。
出てこない場合には、本体背面のボタンを長押ししてください。
そうすると、背面のボタンが点滅して検知されるようになります。

MacでもWindowsでも簡単に接続できることが確認できました。

操作性は?

使ってみると、手をおいて親指だけで操作するだけなので楽だなと感じました。
慣れるまでは、親指に負担がかかってちょっと気になりました。

慣れるには時間がかからず、1日使っていれば、ドラッグアンドドロップなども無理なくできるようになりました。

ボタンが便利

右クリック、左クリック以外にも2つのボタンがついていて、デフォルトでブラウザの戻る・進むに設定されています。
パッと戻ったり、進んだりできて、ブラウザでネットを見ているときに便利だなと感じます。

ゲームはできそう?

マインクラフトをやってみましたが、特に問題なく操作できました。
即時性を要求されるFPSなどのゲームは難しそうに感じます。

トラックボール(M575)を掃除する

トラックボールを使っていると、ボールと本体との間にゴミが溜まって滑りが悪くなったり、センサーの効きが悪くなることがあるようです。
M575の場合は、本体を反対にして、穴があるのでボールを押してあげると簡単にボールを外すことができます。

あとはティッシュや綿棒などで、ボールを置くところを綺麗にしてあげると良いようです。
筆者のM575は1週間くらい使って、ボールを取ってみましたがそんなに汚れてなかったです。

トラックボール(M575)の交換用ボール?

下記のようなトラックボールの交換用のボールがあるようです。
特に機能性が変わることもないようですが、気分転換にいくつか持っておくのも面白いですね。



おわりに

今回はトラックボールのM575Sを買ったので、関連する情報をまとめたりレビューを書きました。
動画編集などで細かいことをする人の中には、トラックボールが使えなかったという方もいるようです。

ですが、基本的には現在マウスを使っている人でも、簡単に慣れてストレスフリーに使えて良いと思います。
親指を使うだけなので、手の疲れも軽減された気がします。

おすすめなので、気になる人は是非確認してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました