Androidのスマートウォッチのおすすめ3選!【2023年最新】

商品レビュー

Androidのスマートウォッチを3つおすすめしています!
Amazonで購入することができるスマートウォッチになります。

ゲストさん
ゲストさん

スマートウォッチって何?
普通の時計とどう違うの?

yasuaki
yasuaki

スマートウォッチの解説と商品をおすすめしますね!

そもそもスマートウォッチとは?

そもそもスマートウォッチとは?

スマートウォッチは小型のタッチスクリーンとCPUを搭載している腕時計型のデバイスです。(wiki調べ)
1970年代には既に世界初のデジタル腕時計が発売されていたとのこと。

Androidについては、2010年6月ごろにAndroid Wearがリリースされて、LGやSamsungなどの会社からスマートウォッチが発売されました。
また、Apple Watchは2015年4月に発売されたとのことです。

yasuaki
yasuaki

そんな昔からデジタル腕時計って、あったんですね。

iPhoneのスマートフォンを使っている場合は、基本的にはApple Watchですね。
Fitbitなどの一部のスマートウォッチはAndroid/iPhoneどちらも対応しているようです。

スマートウォッチのメリット

筆者が使っていて、良いなと思うスマートウォッチのメリットは下記です。

・時間がわかる
・通知をみれるのが良い
・どれだけ歩いたかわかる
・電車に乗るときに楽

時間がわかる

そもそも腕時計を使えば良いことなのですが、腕時計を使っていませんでした。
スマートウォッチを使い始めて、手元で時間が見れるのは良いなと思いました。

通知をみれるのが良い

スマホに届いた通知を手元で確認できるのが、楽なので良いです。
電車などに乗っている時など、手が塞がっている時でも、サッと見ることができます。

どれだけ歩いたかわかる

万歩計としても機能するので、毎日どれくらい運動したかなどを目で確認することができます。
あまり歩かなかった日が続いたりすると、運動しないとなーという気持ちに。

電車に乗るときに楽

Suicaに対応しているスマートウォッチなら電車に乗るときには、改札でピッとするだけで通ることができます。
電車から降りて、改札を抜けるときにも、付けているスマートウォッチをピッとするだけ。

チャージもクレジットカードで簡単にできて良い感じです。(Google Pixel Watchを使ってます..)
改札が右手側なので、通るときにクロスさせるように通らないといけないのはちょっとシンドイですが….

スマートウォッチのデメリット

スマートウォッチに感じるデメリットとしては「充電がめんどくさい」というところくらいです。
なるべく充電しなくても良いものを選びたいところですね。

Androidのスマートウォッチのおすすめ3選

Androidで使えるスマートウォッチを3つおすすめしています。

Google Pixel Watch

まず「Google Pixel Watch」についてです。

2022年10月13日に発売されたGoogle Pixel Watch。
丸いデザインがいい感じですよね。妻には情報が見づらいねとディスをいただきました…。

筆者も使っていますが「バッテリーの減りが早いな」という点以外は特に問題なく使っています。
公式サイトはこちらになります。

カラーバリエーション

カラバリは4個です。

Hazel Obsidian Chalk Charcoal

情報まとめ

「Google Pixel Watch」の情報をまとめました。

項目 内容
価格 38,798円
メーカー グーグル
OS Wear OS 3.5
対応スマホ Androidのみ
チップ Exynos 9110 SoC Cortex M33 コプロセッサ
重量 36g(バンドを除く)
Suica 使用可能
防水 耐水仕様
防塵 なし

Fitbit Sense2

「Fitbit Sense2」を確認しました。

Fitbitは2007年に創業された、アメリカの企業とのこと。
現在はGoogle傘下のブランドとのことです。
公式サイトはこちらになります。

Suicaにも対応しているとのことで、電車やバスでも使えるとのことです。
バッテリーは6日以上持ち、頻繁な充電を必要としないと記載がありました。

iPhoneやAndroidどちらでも使えるということです。
独自のOSのため、サードパーティアプリは少ないようでした。

カラーバリエーション

カラバリは3個です。

Blue Mist Lunar White Shadow Grey

情報まとめ

「Fitbit Sense2」の情報をまとめました。

項目 内容
価格 29,520円
メーカー Fitbit
OS Fitbit OS(独自OS)
対応スマホ Android / iPhone
チップ 不明
重量 不明
Suica 使用可能
防水 水深50mまでの耐水仕様
防塵 なし

Galaxy Watch5

「Galaxy Watch5」を確認しました。

Samsungが販売しているスマートウォッチです。
公式サイトはこちらになります。

ディスプレイ表面に、キズに強く高級腕時計にも使われている「サファイアクリスタル」が採用されているとのこと。
サイズは44mmと40mmが選べるようです。

Suicaが使えないとのことで、ここはツラいところですね。

情報まとめ

「Galaxy Watch5」の情報をまとめました。

項目 内容
価格 39,900円
メーカー Samsung
OS Wear OS Powered by Samsung
対応スマホ Android
チップ 不明
重量 28.7g
Suica 使用不可能
防水 IP68程度
防塵 IP68程度

Androidのスマートウォッチのおすすめまとめ

今回紹介したAndroidのスマートウォッチについて、表にしてみました。

名前 Amazon画像 メーカー 価格 Suica 重量 対応スマホ
Google Pixel Watch Google 38,798円 使用可能 36g Androidのみ
Fitbit Sense2 Fitbit 29,520円 使用可能 不明 Android / iPhone
Galaxy Watch5 Samsung 39,900円 不可 28.7g Androidのみ

Androidのスマートウォッチは結局どれがいい?

Androidのスマートウォッチは結局どれがいい?

今回はスマートウォッチについてと、Androidのおすすめスマートウォッチを3つ紹介しました。
最後の筆者の独断と偏見で、どれが良いか考えたいと思います。

筆者も使っている「Google Pixcel Watch」といいたいところですが、「Fitbit Sense2」が良さそうでした。
調べてみるとバッテリー持ちもよく、Suicaも使えて、健康管理機能も充実していそうでした。

バッテリー持ちはGoogle Pixcel Watchは1日持たないか、2日くらいに対して、6日ってスゴい差ですよね…
筆者はめんどくさがりなので、できればバッテリーもちが良いものが良いなーと。

いろいろ書きましたが、他にもAmazonにスマートウォッチがあるので、確認してみてください。
身に付けるものなので、できれば量販店などで実際に手に取ってみると良いと思います。

Amazonのスマートウォッチ売れ筋ランキングを確認する

コメント

タイトルとURLをコピーしました