Apple Watchのおすすめ3選!性能を比較!【2023年最新】

Apple Watchのおすすめ3選!性能を比較!【2023年最新】 商品レビュー

Apple Watchを3つおすすめしています!

Apple Watchを選ぶポイントやシリーズの性能なども、公式サイトを確認して比較してみました。
ピップアップして載せているのはAmazonで購入することができるApple Watchになります。

ゲストさん
ゲストさん

Apple Watchって何?
腕時計とどう違うの?

yasuaki
yasuaki

Apple Watchの解説と商品をおすすめしますね!

そもそもApple Watchとは?

そもそもApple Watchとは?

Apple WatchはAppleが開発・販売しているスマートウォッチになります。
iPhone専用のスマートウォッチで、iPhoneと連携して動作します。

Appleでは2015年4月24日から販売しているとのことです。(参考:wiki)

yasuaki
yasuaki

筆者もApple Watch Series 3を購入して、3・4年ほど使っていました。
現在ではスマホがAndroidになったので、Pixcel Watchを使用しています。

Androidのスマートウォッチに比べ、動作が軽快で表示が見やすかった印象です。

Apple Watchのメリット・デメリット

Apple Watchのメリット・デメリットについてですが、メリットは下記のようになるかと思います。

・時間がわかる
・通知をみれるのが良い
・どれだけ歩いたかわかる
・電車に乗るときにラク
つけているだけで、健康管理に役に立ちますよ!
デメリットは充電がめんどくさいことぐらいかなと感じています。
Androidのスマートウォッチと同じ内容になるので、詳しくはこちらの記事を確認してみてください。
Androidのスマートウォッチのおすすめ3選!【2023年最新】
Androidのスマートウォッチを3つおすすめしています! Amazonで購入することができるスマートウォッチになります。 ゲストさん スマートウォッチって何? 普通の時計とどう違うの? yasuaki スマートウォッチの解説と商品をおすす

Apple Watchを選ぶポイント

Apple Watchを選ぶポイントについて書いています。

GPSモデルかGPSモデル + Cellularモデルか選ぼう

Apple Watchには「GPSモデル」と「GPS + Cellularモデル」の2種類があります。
「GPSモデル」はBluetoothなどでiPhoneと接続して、通知を受け付けたり通信します。

「GPS + Cellularモデル」は、キャリアでオプション契約すると単独で通信することが可能です。
「GPS + Cellularモデル」はオプション契約しない場合でも、「GPSモデル」と同じように使えるとのこと。

調べてみると、キャリアのオプション契約は月額500円ほどでした。
例えば、ドコモのワンナンバーサービスなら月額使用料が550円で、登録料が550円。
ランニングコストがかかるので、普通に使う人の場合は「GPSモデル」がおすすめです。

「もしかしたら契約するかも」と考える方は「GPS + Cellularモデル」でも良いかと思います。

性能で選ぼう

現在Apple Watchのシリーズとして、3種類存在します。

・Apple Watch Ultra
・Apple Watch Series 8
・Apple Watch SE

Apple Watch Ultraが一番性能が高く、Apple Watch SE(第2世代)が一番性能は低くお求めやすい価格です。
性能については、後述している比較表を確認してみてください。

ケースのサイズを選択しよう

シリーズにもよりますが、ケースのサイズがいくつかあるので確認してみてください。
お近くの店舗で置いている箇所があれば、一度試着してみると良いかもしれません。

Apple Watchの性能を比較する

Apple Watchの性能を比較する

公式のこちらのページで性能比較されています。
公式ページを参考に表を作成してみました。

項目 SE Series 8 Ultra
ケースサイズ 44mmまたは40mm 45mmまたは41mm 49mmのケースサイズ
防塵性能 IP6X IP6X
MIL-STD 810Hテスト ⚪︎
アクションボタンカスタマイズ ⚪︎
ディスプレイ Retinaディスプレイ 常時表示Retinaディスプレイ 常時表示Retinaディスプレイ
耐水性能 50メートルの耐水性能 50メートルの耐水性能 100メートルの耐水性能
EN13319準拠 ⚪︎
水深計測 ⚪︎
血中酸素ウェルネスアプリ ⚪︎ ⚪︎
心電図アプリ ⚪︎ ⚪︎
高心拍数と低心拍数の通知 ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎
不規則な心拍リズムの通知 ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎
心肺機能レベルの通知 ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎
皮膚温センサー ⚪︎ ⚪︎
緊急SOS ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎
海外における緊急通知 ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎
転倒検出 ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎
衝突事故検出 ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎
高重力加速度センサー ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎
ジャイロスコープ ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎
コンパスバックトレース ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎
GPS ⚪︎ ⚪︎ 高精度2周波GPS
バッテリー駆動時間 最大18時間 最大18時間 最大36時間
高速充電 ⚪︎

Ultraは全部できて、ケースが大きめといった感じですね。
バッテリー駆動時間も長く、水深計測なんてこともできるとのこと。

Series 8は2番目に性能が良い感じですね。
Ultraに比べると、バッテリーが少なめで、水深測定・アクションボタンカスタマイズなどができないようです。

下記の機能が欲しいという方は、SEよりもSeries 8が良さそうです。

・常時表示したい
・血中酸素ウェルネスや心電図アプリを使いたい
・防塵性能も欲しい(IP6X)
・高速充電したい

SEは一番性能が低いですが、お求めやすい価格になっています。
上記であげたSeries 8の機能がいらない場合には、SEでも問題ないかと思います。

Apple Watchのおすすめ3選!

Apple Watchのおすすめ3選!

Apple Watchを3つおすすめしています。

Apple Watch SE(第2世代) GPSモデル

「Apple Watch SE(第2世代) GPSモデル」です。

こちらはApple Watch SEのケースがアルミニウム素材で、バンドがホワイトのもの。
サイズは40mmと44mmから選べます。

一番お求めやすい商品になっています。
筆者としては、常時表示できないのと高速充電ができないのが気になるところです。
それ以外には血中酸素ウェルネスアプリや心電図アプリが使えなかったりしますが、「特に使わないなぁ」と思えば、こちらの商品で良いかと思います。

カラーバリエーション

カラバリは3つです。

ホワイト スターライト ミッドナイト

商品情報まとめ

「Apple Watch SE(第2世代) GPSモデル」の商品情報をまとめました。

項目 内容
価格 37,800円(ホワイト / 40mm)
ディスプレイ 40mm または 44mm
バッテリー 最大18時間
厚さ 10.7mm
常時表示 ×
高速充電 ×
防塵性能 なし
重量(ケース) 40mm: 40.49g / 44mm: 36.20g

Apple Watch Series 8 GPSモデル

「Apple Watch Series 8 GPSモデル」です。

Apple Watch Series 8のGPSモデルです。
SEと比べると、ディスプレイの常時表示ができ、防塵性能はIP6Xで高速充電も可能です。

カラーバリエーション

お求めやすいアルミニウム素材のSeries 8のカラバリは3つです。

ミッドナイト レッド スターライト

商品情報まとめ

「Apple Watch Series 8 GPSモデル」の商品情報をまとめました。

項目 内容
価格 59,800円(アルミニウム / GPS / 41mm)
ディスプレイ 41mm または 45mm
バッテリー 最大18時間
厚さ 10.7mm
常時表示
高速充電
防塵性能 IP6X
重量(ケース) 41mm: 32.0g / 45mm: 38.8g

Apple Watch Ultra GPS + Cellularモデル

「 Apple Watch Ultra GPS + Cellularモデル」です。

Apple Watch UltraのGPS + Cellularモデルです。
機能全部乗せのApple Watch Ultra。水深測定などもできるとのこと。

GPSモデルは用意されていなくて、GPS + Cellularモデルのみの展開になっているようです。

カラーバリエーション

すべてチタニウムケースで、ベルトのカラバリは8つです。

    オレンジ         グリーン       スターライト       イエロー           ブルー       イエローオーシャン ホワイトオーシャン ミッドナイトオーシャン

商品情報まとめ

「Apple Watch Ultra GPS + Cellularモデル」の商品情報をまとめました。

項目 内容
価格 124,800円(オレンジアルパインループ)
ディスプレイ 49mm
バッテリー 最大36時間
厚さ 14.4mm
常時表示
高速充電
防塵性能 IP6X
重量(ケース) 49mm: 61.3g

Apple Watchのおすすめまとめ

今回紹介したApple Watchについて、表にしてみました。

名前 Amazon画像 価格 ディスプレイ バッテリー 常時表示 高速充電 防塵性能 重量(ケース)
Apple Watch SE(第2世代) GPSモデル 37,800円(ホワイト / 40mm) 40mm または 44mm 最大18時間 × × なし 40mm: 40.49g / 44mm: 36.20g
Apple Watch Series 8 GPSモデル 59,800円(アルミニウム / GPS / 41mm) 41mm または 45mm 最大18時間 ⚪︎ ⚪︎ IP6X 41mm: 32.0g / 45mm: 38.8g
Apple Watch Ultra GPS + Cellularモデル 124,800円(オレンジアルパインループ) 49mm 最大36時間 ⚪︎ ⚪︎ IP6X 49mm: 61.3g

Apple Watch結局どれがいい?

Apple Watch結局どれがいい?

今回はApple Watchの性能比較などの関連情報と商品をピックアップして紹介しました。
最後に筆者の独断と偏見からどれが良いか考えてみました。

値段にこだわらないのなら「Apple Watch Series 8 GPSモデル」がいいのではないでしょうか。
Apple Watch Ultra GPS + Cellularモデル」も良さそうですが、そこまでの性能は必要ないのかなとも思います。

常時表示や高速充電などはいらないから価格を…
ということであれば「Apple Watch SE(第2世代) GPSモデル」で問題ないかと思います!

できれば量販店などにいって試着してみるのも良いかと思います。
AmazonのAppleの公式ストアで、他のシリーズのものも見ることができるので、確認してください。

Amazonの公式ストアでApple Watchを確認する

コメント

タイトルとURLをコピーしました